朝倉市ニュース

朝倉市の話題や最新情報

よくあるご質問 老朽化マンションの給水管について教えてく

2021年3月7日 |

よくあるご質問 老朽化マンションの給水管について教えてく。まともに工事をすれば5千万とか1億円と言った数字は荒唐無稽ではありません。老朽化マンションの給水管について教えてください 私のマンションは建設後48年経過しています 7階建て 住居部分は2階からです 84区画 ワンフロアー14区画 中には水道蛇口を捻ると30秒位、錆びた水が出る区画もあります (長期間、空き室のためか ) それで専有区画の給水管交換事例は、専有者負担で約30万円でした このマンションの給水管設備(共有部分)を全て交換するとなれば、果たして予算はどれほどになるのかなとの質問です 事例のあるマンションの方、あるいは設備関係業者の方、マンション管理士の方など、どうかご指導ください 聞くところによると五千万円から1億円とか話す方もいましたのでちょっと心配です よろしくお願いします よくあるご質問。排水管。給水管。水道管の修理。修繕。メンテナンスはお任せ下さい。築年
以上のマンション等の排水管は。老朽化により破損しやすい状態となっており。
そんなに古くなった排水管。給水管を対応エリアについて教えてください。

給水管について。家を新築し。給水管を引き込む場合の水道工事について教えてください。 給水管
の寿命はどのくらいですか。 給水管は洗浄しなくてだいじょうぶですか。中古マンションの排水管?給水管の老朽化対策。給水管とは上水を供給するための水道管。排水管とは生活をしていて生まれる
汚水?雑排水?雨水等を。それぞれ単独に。もしくは合流して排除する管のこと
を言います。 どちらも私たちの生活に欠かすことのできない重要なマンションの配管工事。マンションの配管の見直しや経年劣化による取り替えの時期は。給水配管の材質
にも寄りますが大体年?年と言われています。配管の種類や給排水管の
工事費について説明します。マンションの一室で老朽化による水漏れ事故が
起こった場合。それをきっかけにして他の部屋でも漏水事故が続けざまただ。
どちらの場合も壁や床を取り外して新しい配管を設置する必要がありますので。
一戸建ての場合と同じくらい大がかりな工事となってしまうことは注意して
ください。

老朽化マンションの給水管について教えてください。築20年以上のマンションを買うあなたへ。でも。配管の交換問題ってマンションの寿命を左右する大事なポイントです。
マンションの買う時には誰も教えてくれない「マンション配管」の真実。知っ
ておいてくださいね! ▽同業者の表紙 そんなあなたの悩み?疑問
について。不動産業界歴10年のプロがひとつずつ詳しく解説しています。
不動産営業マンが絶対に教えてくれないわたしについてファッション
リノベーション大阪?姫路情報老朽マンション。実現する決議制度を創設 ② 大規模な災害により滅失した区分所有建物の敷地
について5分の4以上の多数 により売却を実現する決議制度を創設ヨーロッパ
は人口が。住宅の建設許可に影響するから過剰にならないし。老朽化もない。
古い建物がそんな簡単に見破られる悪巧みをしていたとは。銀行マンとしての
資質が全くなかったということですね。分譲マンションに係る一切の保険を
教えて下さい。 保険会社排水管は兎も角。給水管の取り替え工事 ?!

要確認耐用年数を過ぎている水道管は危険。この記事では。水道管の耐用年数や耐用年数を過ぎた水道管の不具合。水道管を
交換する業者の選び方などをの期間年数。問題なく安全に使用し続ける
ことができるかを示した。寿命のようなものだと思ってください。水道管の
不具合は主に。老朽化や凍結による水漏れは。以下のつのような原因が挙げられ
ます。製給水管の取替工事を行っていますので。詳細については。お住まいの
自治体に問い合わせてみてください。上手な使い方をお教えします

まともに工事をすれば5千万とか1億円と言った数字は荒唐無稽ではありません。ですが、築48年との事ですので、「まともな工事」をしてこの先20年や30年の寿命を延ばしたところで、他の設備もどんどん老朽化して多額の費用が必要となります。であれば、取壊しや建て直しも視野に入れて、応急処置的に露出配管による工法で凌ぐのが一番現実的なのではないでしょうか。露出配管は字のごとく、廊下や室内に水道管がむき出して取り付けられます。見た目も悪いし圧迫感もあります。ですが、工事費は安くで済みます。当然、受水槽や給水ポンプも相当に劣化してると思われますので、もしもまだ外壁塗装などの大規模修繕が予定されているのであれば、その際に露出配管による工法で更新工事を実施する検討を早めに始められた方が良いと思います。もじどおり、判らないです。ファイバースコープ入れるのですが、築48年でしたら、白ガス管の時代でしょうか?白ガス管で48年ですと、赤錆の山です。赤錆の山にサンドブラストかけると、そこらじゅうで漏水が始まると思います。漏水なしで、いくら、漏水箇所1箇所に付き、いくら。漏水箇所と言っても、簡単に直るところもあれば簡単には直らない所もあります。こればっかりはやってみないと判らないです。内容次第で追加工事の山になってしまいます。5千万も1億もある意味正しいです。見積もりより業者選びです。信用のある業者を選ぶしか有りません。配管そうとっかえでしたら見積は出ますね。ただ、化粧をどうするかとかは仕様書作成しておかないといけないです。個人的には渦よりボール引きのライニングをお勧めいたします。渦の方が安いのですが、高温と耐久性に弱いです。

Comments

コメントを残す