朝倉市ニュース

朝倉市の話題や最新情報

一般道約5000km 極端に低い日本の法定速度に納得がで

2021年3月6日 |

一般道約5000km 極端に低い日本の法定速度に納得がで。暴動など起こす人はいないでしよう。極端に低い日本の法定速度に納得ができません
暴動起こす人がいないんですか

宮崎南バイパスの取締りポイント
この区間は、他国のハイウェイより恵まれた道路環境が実現してい るが、時速60キロ規制となっている 宮崎県警は、この場所で積極的な取締りを行っている

道路交通法施行令によって、一般道の最高速度は時速60キロメートルに規制されている 一方、海外に目を転じてヨーロッパを参照すると、ほとんどの国において、一般道の最高速度は80km/hから100km/hとなっている 80km/h未満の国は、淡路島より小さなマルタ共和国だけだ (参照:諸外国における速度規制に関する事例 – 北海道開発土木研究所,Speed_limit – wikipedia,Touring tips, country by country – AA)

警察が好んで付ける時速40キロメートルという一般道の制限速度が、海外に比較して極端に低いことは明らかである
なお、街と街の間に郊外が広がるユーロ諸国と違い、日本では街が連続しており、郊外の概念がユーロ諸国とは異なる また、日本では、道路整備のための予算(道路特定財源)が別立となっており、高速道路だけでなく、地域高規格道路(いわゆるバイパス道路)は、ユーロ諸国の自動車専用道路以上に整備されている
その結果、安全で立派なのに規制速度が低い道路があちらこちらにできている そして、警察が好んで取り締まりを行うのはこうした道路であり、本件事件の発生道路も地域高規格道路での取り締まりである

先に記したとおり、ヨーロッパ諸国における一般道の規制速度は時速 80キロから時速100キロとなっている 道路交通法施行令に規定された時速60キロが、著しく低いことは誰の目にも明らかである
そもそも、大陸のような北海道と、世界的にまれな交通体系を発展させた東京圏を一律に規制すること自体に無理がある それでも、警察庁が全国一律の法定速度を維持するつもりなら、公正で科学的な再調査を行って、法定速度を見直すか、あるいは、法定速度を廃止して、地域にゆだねるべきである 制限速度。では。いつから日本の高速道路の制限速度が100/ になったかというと。
1963年まで遡らなければなりません。スピードが上がれば事故のリスクは
上がるのは確かですが。事故を起こす最大の要因は。「集中力の欠如」である。
特に日本では極端に速度を出さないドライバーに対して「あの人は安全運転」
等と表現する事が多いですが。この海外ジャーナリストの多くが。日本の
100/という低い制限速度と。それを守っていないクルマの多さに

一般道約5000km。日本の道路は舗装や整備が行き届いて安全に走行できるのに。どうみても制限
速度が低い道路がたくさんある。ということで。警察庁は年から一般道。
年から高速道路で制限速度の見直しを行ってきた。さらに今遅ければ安全と考える日本の道路事情に喝。一時停止の多さ。自動車専用道の制限速度の低さは。欧米諸国とは比べものに
ならない。また「ゾーン」のように。生活道路での最高速度を抑えることは
賛成できるが。郊外のバイパスや高速道路の制限速度まで著しく低いのは。日本
の道路の大きな欠点。抑え。高速道路や郊外のバイパスなどでは。もっと大胆
に制限速度を引き上げて。利用者が納得できる速度に見直し。安全

遅すぎ。年前から基本「時速キロ規制」が変わらない日本の高速道路市街地など
は。その地域の交通環境に精通していないと。正確な規制速度を決めることが
できません。パーセンタイル速度については。車両の速度を低い順番から
並べて全体の%が含まれるなら。多くのユーザーが納得できて安全

暴動など起こす人はいないでしよう。欧米と日本は道路事情が違いますから必然的な速度規制でしょう。その宮崎南バイパスの場合も道路状況でその速度が適切と見ての設定でしょう。北海道のこの画像の道路では80Kmまでは捕まりませんけど。今の規制で守らないんだものどうせ規制緩和しても守らないんでしょそれなら危険なドライバーにより高い罰則が来る現行の規制のままでいい納得がいかないのなら、運転しなければ良い。実際に公道を走った事がないのですか?まともに運転が出来ている人ってどれ位居てるの?そんなんだから、住宅だらけの裏道を爆走するバカがいるんだよ。北海道は事故多いよ。それも、速度違反が原因の事故が4割もある。ただでさえジジィババァの事故が多いのにこれ以上増加するで北海道の交通事故死者数トップ10から落ちない限り無理でしょうね。科学的な調査以前の問題です。制限速度が低いことで目的地への到着が1時間や2時間遅れたところで、私の人生には大した影響もなく、今の速度でのんびりと走れたら、それで十分です。私も南郷に親戚があり、また仕事で宮崎大学へ行くこともあるのでその辺りもたまに走るけど、取り締まられたこともないし、流れが遅すぎると感じたこともないですね。走りやすい道路を提供して貰えているだけで、十分です。暴動のような、正面から立ち向かう人は少ないです。見つからなきゃそれでいい、捕まらん無きゃそれでいい、上手に世間を渡っていく人たちの多い国ですから。法定速度の不満くらいで暴動なんてしてたら、国が荒廃してしまうでしょ。質問者様のご指摘の通りです。世界で最も信号が多く、最も制限速度が低く、緩慢な運転を奨励するのが日本。世界では安全に「かつ効率的に移動」する事を是をしているが、日本では安全を錦の御旗に振りかざして「思考停止」に陥っている。制限を撤廃したり信号を減らした時に事故が発生した場合、その撤廃を指示した人間を非難する「誰かを糾弾したがる全体主義思想」が日本を覆っている事が問題なのだと思います。個人と国家の関係が封建制度の名残りなのか、国家の過干渉に無抵抗なのが気になります。そうでもないよヨーロッパ諸国で言う一般道と日本人の感覚の一般道はだいぶ違う。ヨーロッパでは 一般道と市街地と言う区分が有る。市街地は国によっても異なるが30km/h~50km/hであり 日本とそんなに変わらない。日本の大部分の一般道は ヨーロッパなら市街地に相当する。日本は平地が少なく人口だけは ヨーロッパより遥かに多い人口を抱えていて ヨーロッパの人に言わせたら 日本には一般道は無いなーと思う事だろう。ヨーロッパで一般道と言えば めったに対向車とすれ違う事も無い道基本的に、日本では50年前に決められた制限速度がベースになっています。半世紀も前の交通法です。この時点でおかしな話です。その為に速度を下げなければならない場所と、速度を上げても問題無い場所のメリハリが無いのです。これは政治家?政府?官僚?警察がだらけているだけの怠慢です。日本の取り締まりは危険を回避する、予防する為でなく商い実際、事故が多発する所で取り締まりしているのは見た事ない一方、歩行者も殆どなく見通しのよい道路では晴天の時、張っている信号の無い横断歩道の一旦停止など何の意味があるのだろうか?歩行者が居たならまだ分かるが…結局は成績、カネなんだよヤ〇ザと変わらん!

Comments

コメントを残す