朝倉市ニュース

朝倉市の話題や最新情報

元徴用工問題 戦前の徴用工は本人の意志とは無関係に半ば強

2021年3月6日 |

元徴用工問題 戦前の徴用工は本人の意志とは無関係に半ば強。戦前には徴用工はいなかったのでは。戦前の徴用工は本人の意志とは無関係に半ば強制的に仕事をさせられた労働者です 強制労働と違うところは、報酬が与えられることです ならば朝鮮人の従軍慰安婦に無報酬の人もいたのでしょうか 元徴用工問題。戦前?戦中の徴用をめぐる韓国での判決に関連し。被告となった日本企業の資産
売却が八月四日以降可能となる。実行されれ重要なのは徴用に関して争われた
日本の裁判でも。判決が強制労働の事実を認めたことだ。そして強制労働。原告らは歳のときに原告は役人から令状のようなものを見せられ半ば強制的
に。原告は日本の工場で働けば学校にも一審判決は被害事実をきわめて簡潔
に認定したが。ここでは元徴用工原告の本人尋問調書を紹介する。原告らは
日本兵により拉致されたり。中国内でよい仕事があると欺罔されるなどして日本
に連行され。三井鉱山三池鉱業所月日判決は左に紹介する通り原告の主張
を整理した上で。「少なくとも原告らが暴力的にあるいは威嚇等によりその意思

日韓「元徴用工」問題とは。韓国など朝鮮半島の出身者たちが戦時中。労働力として日本内地に動員された
問題。専門家の外村大まさる?東京大大学院教授が。誤解が広がっている
現状に。一石を投じた。徴用工判決で問われる?日韓国交正常化の闇?。最初は募集広告を通じ。戦争の最終段階では「国民徴用令」によって。本人の
意思に関係なく労働させた。人の原告について判決文は。一般的呼称である「
徴用工」という表現は使わず。強制動員被害者と呼んでいる。

戦前には徴用工はいなかったのでは?徴兵は戦前からありました。徴兵には給料が出ていました。戦中の徴用工にも、もちろん給料が出ていました。いわゆる従軍慰安婦は、場所が限定されているだけの、業者による売春婦ですから、相応の給料が出ていたようで、無報酬であったという証拠がどこにもないようです。ただし、親に売られた子の中には、その時の借金の返済に充てるため、手取りが少なかった子はいるでしょう。敗戦後にGHQが調べた中にも、いわゆる慰安婦については、違法性のある例が見つからなかったようで、問題になっていません。

Comments

コメントを残す