朝倉市ニュース

朝倉市の話題や最新情報

司法制度改革推進本部事務局 失礼します別に法曹界を目指し

2021年3月7日 |

司法制度改革推進本部事務局 失礼します別に法曹界を目指し。予備的の方で監禁?あげてるからつまり、危険運転の危険は現に煽ってた時点のみが対象なのか、煽られた結果停車した時点まで危険運転の危険が継続していくのかの話だろうね仮に危険は危険な目に直接あってた時点のみとするなら死亡と危険運転に相当因果関係がないことになるだから、予備的に監禁した結果死なせたんだろって言えるようにしてる中段の判例についてだけど因果関係の話で、どういう状況なら行為と結果の因果関係を認めるかって話ね一番簡単な例として、ナイフで首をかき切るって行為の危険性が現実化したら死ぬじゃん条件関係にプラスして、行為の危険性が結果へと現実化したがって話ね後段特別法だしね過失致死より重いし、危険運転に対応するために特に法定したからだねてか、お前そこまでマトモに法律勉強してたなら、もう少しウンウン頭捻ったら自分で解決しそうだけどなこんな役立たずだらけの知恵遅れなかで聞かないほうがいいよ嘘や不正確な回答しかない。失礼します

別に法曹界を目指している訳ではない法律に興味を持って
素人向けの法律の本を読んでいるのですが、疑問に思う事が
あって質問させて頂きます 東名で起きたあの悲惨な事故( )事件と言うべきか、PAで
トラブルになり煽り運転を受け停車させられて追突され
夫婦がお亡くなりになってしまった痛ましい事故の件ですが

検察は自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)と
予備的訴因の監禁致死傷で起訴しているそうですが
被告は両方とも該当しないと無罪を主張している
(煽りは認めているが)

TVで法律の専門家は、今回の裁判は法律は判例の積み重ねで
方向性が出来ていく故、まだ歴史の浅い危険運転致死傷罪 が
危険が継続していた点も評価するのか、その場の危険だけを
評価するのか今後の方向性が決まる重要な裁判だと、自分にはちょっと
チンプンカンプンな解説をしていたのですが

その後図書館で、いつも読んでいるド素人向けの刑法の本を
読んでいたら、最高裁で平成16年10月19日に決定した
高速道路停車事件と言うのを解説していて、今回の東名の事件と
似ているなと思いその事件を、条件説( )「危険の現実化説」で
車が停止していたから追突したが、そもそも車が停止した理由は
被告人が強制的に止めた事が原因で、事故を誘発した原因になったと
因果関係を認めた???みたいな解説があったのですが
(本を借りては居ないのでちょっと売る覚えなのですが)
で、過失致死傷罪( )を認められたとあったのですが

今回の東名の件は業務上過失致死傷罪には問えないのですか
若しくは、もっと重い罰を与えるべきだという事でこの罪名
ではなく、より重い罪名(上記の罪名)で起訴しているのですか

すみません 何が聞きたいか分かりにくいのですが
要するに似たような前例があるのに、もし今回の起訴された
罪名には当たらないといって、無罪になる可能性もあるのですか

構成要件とか罪刑法定主義とかも一応読んだので、感情だけで
考えてはいけないと分かってはいるのですが、やっぱり許せない
感情もあります

よろしくお願いします 私の日記ひとりごと14年09月下。必ずしも予防法務的な考え方で日常生活や事業活動をしている訳ではありません
。 また。日本人は。裁判などの訴訟やトラブルをあまり好まない国民性が
あります。 最終的には裁判それでは。きょうはこれで失礼します。明日も
頑張りま大方の隣接法律専門職種は。司法制度改革の蚊帳の外にあるように思
われます。

座談会:「法曹」を目指すということ。山口弁護士。私は大学で労働法のゼミに所属していたことから現在に至るのです
が。専門を持たずにオールマイティにやっている弁護士は多いですよ。ただ東京
を拠点にするなら。何らかの専門は持ったほうが有利かもしれない司法制度改革推進本部事務局。法務省黒川課長失礼します。つまり紛争性がある程度成熟して顕在
化しているものであれば。法第72条の規制の対象になるけれども。そうでない
場合に訴訟等管理関係事務等の事務が行われているとされておりますので。
このような類型別に考えていきたいと思います。をいたしておりますけれども
。この趣旨は。今次の改革が非常に大きな司法ということを目指して。閣議決定
もされて

第15回。強烈に医師や弁護士を目指していたわけではなかったのですね。数学は
ロジカルの極みですが。法律の条文も非常にロジカルに書かれていると思います
。今。振り返って考えると。それは。公式をいろんな場面に適用する力さえ
あれば別に暗記などほとんどいらない。ということだすると。限られた公式を
フルに活用して問題を解くような思考力が重要になってきているのではないかと
思います。法科大学院等特別委員会第92回議事録:文部科学省。座長の選任等について; 法科大学院の教育と司法試験等との連携等に関する法律等
の一部を改正する法律及び第期の審議事項大月専門職大学院室長 失礼
いたします。第期の中央教育審議会が発足して,引き続き本特別委員会の
設置が決定されております。的には司法試験委員会の決定事項であり,現時点
で方針は決定していないが,今回の法改正の立案を担当する立場としては,法科
大学院

予備的の方で監禁?あげてるからつまり、危険運転の危険は現に煽ってた時点のみが対象なのか、煽られた結果停車した時点まで危険運転の危険が継続していくのかの話だろうね仮に危険は危険な目に直接あってた時点のみとするなら死亡と危険運転に相当因果関係がないことになるだから、予備的に監禁した結果死なせたんだろって言えるようにしてる中段の判例についてだけど因果関係の話で、どういう状況なら行為と結果の因果関係を認めるかって話ね一番簡単な例として、ナイフで首をかき切るって行為の危険性が現実化したら死ぬじゃん条件関係にプラスして、行為の危険性が結果へと現実化したがって話ね後段特別法だしね過失致死より重いし、危険運転に対応するために特に法定したからだねてか、お前そこまでマトモに法律勉強してたなら、もう少しウンウン頭捻ったら自分で解決しそうだけどなこんな役立たずだらけの知恵遅れなかで聞かないほうがいいよ嘘や不正確な回答しかない

Comments

コメントを残す