朝倉市ニュース

朝倉市の話題や最新情報

外国人労働者受け入れ 外国人移民政策と代案 移民を大量に

2021年3月6日 |

外国人労働者受け入れ 外国人移民政策と代案 移民を大量に。それいいねw女子力の高い若い外国人女性には、ぜひ来て欲しい。外国人移民政策と代案 移民を大量に受け入れればいずれ日本人は混血人種だらけになるのは間違いない それを防ぐにはどうしたら良いかを考えるべきだと私は思う 失業者を上手く使う方法だ 盲目の政府はハロワに失業者がごまんといることを知らない 人事を好き嫌いで人選している企業人事担当者はよく思わないと思うがこの失業者を労働者不足に使う事こそ本当の意味でコミュニケーション能力の高さを計るバロメーターとなるだろう 農業、漁業、工場など大変な労力の割に賃金が少なく日本人から敬遠されがちな業種では人手が足らない現実はある なら、短時間シフトで区切って、賃金を割と高額にする事により無理なく働く事は出来るし応募者に困ることはない、どうだろうか 人件費は足りない部分は税で補填したうえでの話だが 外国人や混血人種だらけになり取り返しのつかない未来にするよりは安いと思う 未来の日本人に正真正銘の日本人を残してあげるべきだし、人口減少が進み人口がすくなくなってもこの島は日本人の財物であり故郷であり、日本人だけで未来永劫切り盛り為べきだと私は考える 経済の為に、大東亜戦争をして敗北をし領土を縮小し、経済の為に原発を導入して国土の一部を人の住めない土地にした経緯があるがこのクソッタレの経済のために人種構造まで変えたくない もう経済に振り回されたくない 経済の為に自尊心やプライドを踏みにじられたくない という日本人としての意地を今こそ魅せるべきだ 経済が国の主体とする民族は滅びる と考える私は知的障害者ですか 外国人移民政策と代案移民を大量に受け入れればいずれ日本人は。外国人移民政策と代案移民を大量に受け入れればいずれ日本人は混血人種だらけ
になるのは間違いないそれを防ぐにはどうしたら良いかを考えるべきだと私は
思う失業者を上手く使う方法だ盲目の政府はハロワに失業者がごまんといること

日本はすでに「移民大国」。国連経済社会局がまとめた年の移民人口でみても約万人と世界位。急増
している外国人技能実習生らが含まれているからだ。 ただ。多くの日本人に「
移民大国」の外国人労働者受け入れ。このような深刻な人口減少と少子高齢化の問題を解決する手段として。近年に
なって外国人労働 者の本格的受け入れを移民政策に踏み出した場合。そこで
はどのような問題や障害が予想されるかを検討するところに ある。これ
によるといずれも数値は中位推計によ る日本の即ち。この年間をうまく
しのぐ社会制度改革が行えれば。日本が成熟国家の模 範となり得る以上の
議論からわかるように。同報告書も大量移民受け入れよりは。日本とアジアとの
経済関 係や技術

外国人受け入れ政策と日本の未来。日本でタブ―視されてきた移民議論がようやく始まった。年月から施行
される新政策について。外国人定住政策の専門しかし。今後。日本はより深刻
な人口減少の局面を迎え。外国人労働者の受け入れが拡大することは間違いない
。さられている事実に「興行」の在留資格で受け入れた大量の外国人女性が
いた。年の興行での在留者数は万人に達堺屋氏は移民といえども二
世。三世になれば日本人と全く同じ価値観で行動するとの見解を示す。

それいいねw女子力の高い若い外国人女性には、ぜひ来て欲しい。その失業者よりも外国人労働者の方が優秀なら仕方がないよ。失業者の中でもスキルがあるにもかかわらず年齢などを理由に雇われないのはおかしいと思うけどね^ ^このこ^_^マスコミ「我々の在日率を知っているんですか?」蓮舫「そんなこと言われたら、私はどうなるんです?」福山「私に陳に戻れと言うんですか?」未来年表 人口減少危機論のウソ 扶桑社新書人口減少は日本社会に危機をもたらさない私が中学生だった1973年頃、「これ以上、人口が増えたら、将来必ず、食糧難になる。子供はできるだけ産むな」と盛んに言われていた。「子供は2人まで。3人以上産むのは犯罪行為だ」とさえ言われた。しかし、この掛け声は1~2年で終わってしまい、10年たたないうちに、今度は少子化が問題になったのである。著者の高橋氏も「これまでの人類の歴史では、人口減少より人口増加の方が大問題だった。有名なものはマルサスの人口論で、人口は幾何級数的に増加するが、生活資源は算術級数的にしか増加しないので、人口増加は貧困をもたらすというものだ。最近の経済成長理論でも、人口増加は1人当たりの資本を減少させるので、貧困の原因とされている」と述べている。人口減少が危機だと叫ぶ人たちは、主に地方公共団体の関係者だと、高橋氏は見ている。その地域の人口が減れば、行政規模の適正化のため、市町村の合併が進み、自治体の数が減る。そうなると、課長や係長といったポストも減り、将来的にリストラで職場そのものを失うかもしれない。そこで、地方役人は「地域に人口を増やそう」と主張する。これが人口危機論を主張する”世間”の正体だ」と高橋氏は言う。人口減少によって起こる問題として挙げられることに「国力が低下する」というのがある。この国力を「国内総生産」GDPのことだとする。人口が減少すれば、GDP値は当然減るが、実生活面にはほとんど影響ない。人口の増減は経済活動に影響はないと、高橋氏は様々なデータを挙げて述べている。むしろ、世界全体で見ると、人口減少は1人当たりの実質GDPを増加させる傾向があるという。労働力不足はAIで補えばよく、外国人労働力を受け入れる必要はない。政府は移民受け入れを拡大する方向に動いているように見えるが、本質は逆で、水際ではじくことを考えているはずだと、高橋氏は言う。移民を受け入れれば、必ず社会問題が起こるからである。マイナスの方が大きく、そんなリスクを冒す必要は全くない。出入国管理法を再整備し、移民法を制定する流れになっていくだろうと述べている。何でもいいから、とにかく日本人の顔面偏差値を上げることをかんがえればいい。ヨーロッパのカワイ子ちゃん移民は大歓迎よ !中国、韓国はお断り!「経済が国の主体とする民族は滅びる」というのは禿同です。日本の政権はお金持ちや資本家の意見を代表する人であって、日本全体や国民のことを考えているわけではないという点が全てでしょうね。似た考えかもしれませんが、少子高齢化ということは高齢人材が豊富だということですからそこを活用しない手はないと思います。80歳以下は働き盛りというふうに線引きを変えればいいだけです。そもそも…日本に住んでる人間は…たかが三万年ぐらいの間に…アチコチから…吹きだまった雑種じゃん笑でも今の国会は国民の多くが自民党に投票した結果のようですので致し方ないですね受入れは日本人を混血化、雑種化させて、日本を欧米のようにしっかりとグローバル化に組み込むのが目的だから、政府に何を期待しても無理です。日本がこれほど欧米化、白人コンプレックスまみれになってるのに、日本人の血を守れとか、日本の文化を壊すなと言うのはどうしてもそれこそ知的障害にしか聞こえないです。日本人自身が、日本を壊してるのです。ハロウインやクリスマスではしゃぐ日本人を見ると、背筋がぞっとします。日本はもう完全に終わってますよ。移民によって、日本に止めを刺すだけです。混血が進むだけなら良いと思います。問題なのは異国の風習を持ち込まれ、モラルの低い人が流入することによる治安の悪化です。失業者を上手く使う方法だこれは企業側が「いかに労働力を安価に使えるか」しか考えない今では難しいと思います。いわゆるブラック企業の取り締まり。そのために会社がつぶれても構わない、経営者の責任は徹底追及、みたいな厳罰化を期待したいところです。日本人から敬遠されがちな業種では人手が足らない現実はあるこちらは同意。必須な職業だけど報酬を高くできない業種には国から援助してでも存続させる必要があると思います。経済が国の主体とする民族は滅びる。今は、本来無くなっても構わない「虚業」が幅を利かせすぎだと思います。必須な職業を守ることを第一にしないと、本当に滅ぶでしょうね。

Comments

コメントを残す