朝倉市ニュース

朝倉市の話題や最新情報

平成29年7月九州北部豪雨災害を踏まえた避難に関する検討

2021年3月6日 |
恋愛 |

平成29年7月九州北部豪雨災害を踏まえた避難に関する検討。避難所が計画的に設置されていない現状から考えると仕方がないという意見があるのもやむを得ないと思います今回も100万人前後への避難が呼びかけられましたが受け入れる側としても100万人が避難して来ると十分に受け入れられないでしょうつまり現状の日本においては避難を呼びかけても受け入れ態勢が不十分なので呼びかけ以外に避難させることもしない国民側も避難するという意識が低いと考えられます現状の体制と避難を呼びかけるという方法では無理なのだと僕は考えています避難するしないは自由だと。九州の豪雨で避難勧告が出たのに従ったのは、たった1パーセントでした

ウチの娘も、『避難所なんて、臭いし、汚いし、老人ばかりだし、エアコンも無いから暑いし、まわりにウジャウジャ他 人がいるなんて耐えられない 』
と言うので家に居ました

娘の言い分は今の時代しかたがないですか 気象庁。避難勧告等に関するガイドライン」内閣府防災担当が平成年月に
改定され。住民は「自らの命は自らが自治体から避難勧告警戒レベル4や
避難準備?高齢者等避難開始警戒レベル3等が発令された際には速やかに
避難行動をとってください。避難にあたっては。あらかじめ指定された避難
場所へ向かうことにこだわらず。川や崖から少しでも離れた。近くの※1 これ
までに経験したことのないような降水量の大雨が見込まれる際の大雨特別警報を
指します。

平成29年7月九州北部豪雨災害を踏まえた避難に関する検討会。平成年7月九州北部豪雨災害を踏まえた避難に関する検討会参考資料 避難
勧告等に関するガイドライン平成年1月概要 形式。 別
ウインドウで開きます ※資料3のP2について。平成に朝倉市
杷木避難情報。自治体から提供を受けた。避難情報警戒区域,避難指示,避難勧告,避難準備,避難
解除を掲載しています。また。掲載していない自治体の情報も随時掲載して
いきます。九州の豪雨で避難勧告が出たのに従ったのはたった1パーセの画像。

避難所が計画的に設置されていない現状から考えると仕方がないという意見があるのもやむを得ないと思います今回も100万人前後への避難が呼びかけられましたが受け入れる側としても100万人が避難して来ると十分に受け入れられないでしょうつまり現状の日本においては避難を呼びかけても受け入れ態勢が不十分なので呼びかけ以外に避難させることもしない国民側も避難するという意識が低いと考えられます現状の体制と避難を呼びかけるという方法では無理なのだと僕は考えています避難するしないは自由だと 思います。ただ何かあった時、 救助を求めたりはしない、そんな覚悟も必要かな?とも思います。例えば台風が来てて波が高いのにサーフィンなどで危険な目に遭い救助や捜索願い出すと、皆んなに迷惑かけます。皆んなの大切な税金を使います。危険かもしれないことを承知で避難しないとか海に行くなら、最後まで自己責任でやるべきかなと思います。ご家族も含めて何があっても、捜索活動がすぐ行われなくても行政のせいにしない覚悟も必要ですね。今の時代かは分かりませんがひとつの考えな気がしますね。命を守るためには避難した方がいいとは思う一方で????例えば日常生活において考えても目的地に早く着きたいからと言う理由だけで多くの人は車を使うでしょうが、ある意味これだって命がけですしね。年間の交通事故件数を見てると他人事ではないはず。でも人はなぜ車に乗るのか??言い方悪いけど 命 と 利便性 を天秤にかけこの程度のリスクなら利便性を???としてるのだと思います。そう考えると水害等においても「かも知れない」リスクなら???楽な方を選択するのはありなのかな?とは思いますね。極端ですが避難する途中に水害に巻き込まれる可能性もあります。避難所で変なトラブルに巻き込まれる可能性もあります。避難所で暑くて日射病になる可能性もあります。避難しない方がクーラーの中で快適に寝れるメリットはありますしね。100%この家沈む。流されると分かっててとどまるのはバカとしか思えませんが結局その未来も普通は分かりませんからね。家の立地とかにもよって状況は変わるでしょうけど必ずしも来るものでないのなら個人的にはそれらを天秤にかけて選べばいいとは思いますね。別に被災した時に文句を言わないのであれば、避難するしないは自由です。避難所に行くことは義務ではないです。市がどのような発表をしていても、自宅に居て安全が確保できているのでしたら、避難所に行く必要はないです。ですから、まずは自宅の状況を知っておくことが大事ですね。今回の雨では危険を感じなかったとしても、次回は分からないので、それには気を付けたほうがよいでしょう。避難所と自宅のどちらが安全かを判断すればよいと思います。明らかに自宅が安全なら雨が降る中でるほうがリスクがあります。逆に裏山が崩れそうなのに、避難しないのは命を捨てているようなもんだと思います。個人的な感覚だけで判断している点においては間違っているとしか言えないでしょう。避難勧告ですからまだ良かったものの、避難指示の場合は電気ガス水道などのライフラインが止まっても、即座には復旧作業をしない事を宣言しているのと同じとなります。つまりライフラインが止まっても、災害原因となる自然現象がある程度終わるまでの間は自力で生活しなければならない事態へと陥る可能性があるわけです。水てあればタンクなどの設備、電気なら自家発電の準備か前もって諦める心構えをするか、ガスなら食事の支度をしないでも済む食料の確保ができているかなど、、ライフラインが数日間程度止まっても構わないとする判断が適てこそ、自宅籠城を決め込めるわけで、それなしには安易に考えてはならない事と思いますね。小さい頃台風の影響で床下浸水から避難命令がでて、その後、ニュースで地区が床上浸水、そして裏の友達の家が崩壊したことがあります。もし娘さんが家で生き埋めになっても助けられますか?その間に水に浸かり死にゆく家族を見ていられますか?避難時が安全とは自分も思いません。でも住んでいるところが危険なのであれば僕は家族を連れて避難します。当然です。時代や1%の避難率だからという問題ではないです。死んだら元も子もないですよ。

Comments

コメントを残す