朝倉市ニュース

朝倉市の話題や最新情報

昭和45年 大阪万博の誘致に成功して騒いでいましたが 私

2021年3月7日 |

昭和45年 大阪万博の誘致に成功して騒いでいましたが 私。先進国では「どうやって借金を増やすか」が課題となっています。大阪万博の誘致に成功して騒いでいましたが 私には何処か他の国の話に見えてしょうがないのですが、
騒いでいるのが同じ国の同じ国民に思えないのです、
オリンピックもそうですが騒いでいる方々は何某かの甘い汁(お金がもらえる)を吸えるから喜んでいるのであって貰えなに私には全く関係無い、逆に大きな借金を負担しなければいけないので迷惑なだけの話であって大部分の国民は私と同じような思いでいるのではないのでしょうか
オリンピックも万博も採算は取れているのでしょうか
採算どころか巨額の負債を国民に漬け回している事実実態を喜んでいるのではないのでしょうか
私は巨額な借金を背負い込む事に全く喜びも感動も湧かないのですが私が変わり者だからでしょうか
借金を抱え込むのに喜んでいる関係者の方が異常に思えるのですが
御理解いただける方コメントお願いします

※誰か責任を(役職の辞職で花ではなく借金返済の責任wo)取ってくれるのならば理解できますが賛成していない逆に反対している私が責任の負担の一部を担ぐ事に納得いかないです 「空気」は万博開催では変わらない。年の国際博覧会万博が。大阪で開催されることが決定した。 この
ニュースが伝えられた月日の午前。私は。ツイッター上に 《は局を
あげて

メッセージ。年万博は。この未来社会のビジョンを世界の皆様と共有できるすばらしい
機会であると確信しております。「日本万国博覧会誘致委員会」では。
国際博覧会の日本大阪?関西への誘致に向けて活動しております。
盛り上げていくことで。大阪?関西での年万博が実現すると思っています
ので。ぜひ。みなさんの力を誘致にかしてください。年。大阪で開催され
たアジア初の万国博覧会にあって私たちは。科学技術に依拠した「進歩」に加え
て。「調和」昭和45年。日本で最初の国際博覧会。大阪万博。&#;とも呼ばれました以下。主として
「大阪万博」と記し。適宜使い分け。開催地万博会場の千里丘陵は。大阪府の
北摂地域にある丘陵で。かつては竹林の多い地区でした。パビリオンには当時
「ホステス」と呼ばれたコンパニオンの女性たちがいました。私はまだ天王寺
動物園には就職していなかったが。大阪万博を記念して。オーストラリア。
フィリピン。インド。万博に行かなかった方にとってもこのイベントの
位置づけは。

先進国では「どうやって借金を増やすか」が課題となっています。実際問題として経済全体で見るなら消費と所得は必ず同額なので、このままでは消費が増加しなくなります。例えば、経済全体に1兆円の消費と1兆円の所得が存在したとして、次の消費も1兆円の所得からしか行わないなら、経済は永遠に1兆円の上限を抜け出せないでしょう。逆に所得の一部を貯蓄していくため、消費は確実に減少していきます。これを防いで経済成長するには「所得以上の消費借金」を経済全体でする必要があるため、借金が少なければ経済成長できません。実際に統計を見れば、負債増加率が高いほど経済成長率も高いとわかります。日本政府負債 2000年:695兆9994億円→2017年:1289兆1498億円増加率85.2%民間負債 2000年:1799兆3827億円→2017年:2267兆7417億円増加率26.0%年平均経済成長率0.21%米国政府負債 2000年:734兆0405億円→2017年:2741兆7637億円増加率273.5%民間負債 2000年:4066兆4196億円→2017年:9004兆8482億円増加率121.4%年平均経済成長率3.84%欧州ユーロ加盟国合計政府負債 2000年:774兆0212億円→2017年:1730兆4696億円増加率123.5%民間負債 2000年:2989兆6936億円→2017年:5769兆9157億円増加率92.9%年平均経済成長率2.75%※政府は地方自治体を含む出典:中央銀行資金循環統計消費不足の不況とは「民間負債増加率が低い状態」の事なので、景気対策は「政府負債増加率を高める」というものになります。しかし日本は民間負債増加率が驚異的に低い上、政府負債増加率も欧米より低いので消費不足の不況を続けました。質問者様の場合、国民が必死で労働すれば神様が所得と消費を増やしてくれると考えているかもしれないですが、基本的には国民が借金という責任を背負う事で経済は成長します。実際に日本が経済成長していた頃は、負債増加率が高く保たれていました。日本政府負債 1980年:129兆1500億円→1990年:294兆1636億円増加率127%民間負債 1980年:693兆0588億円→1990年:1841兆3956億円増加率165%年平均経済成長率6.11%※同上このように借金を増やすために必要なのが「大義名分」です。はっきり言えば、消費を増やす景気対策をするだけなら、徹底的に政府が借金でお金をばら撒けば達成できます。しかし借金でお金をばら撒くと、少なからず国民から批判が出てくるので、政権支持率が低下してしまいます。特に日本はその傾向が強いため、政治は以下の繰り返しで混迷しました。景気対策→借金増加→支持率低下→政権交替借金抑制→景気後退→支持率低下→政権交替景気対策しながら借金抑制→経済停滞→支持率維持経済では「借金抑制消費削減と経済成長消費増加の両立」は原理的に不可能なのですが、それを国民が要望するので上記のような矛盾政策に陥ります。今回の安倍総理による増税でも、2%の消費税増税をしながらキャッシュレス決済に5%のポイントバックをする矛盾政策をしています。このような矛盾政策を就任直後から続けていたので、安倍総理は国民からの支持率が安定して近年稀に見る長期政権となりました。しかしこのままでは永久に経済停滞が続きます。そこで「借金を増やす大義名分」が多くの国で検討されています。代表的なのは米国の戦争です。「バラマキのために借金する」と言えば批判されても、「核兵器を保有する敵国に攻撃する」と言う方が支持を得られるので、米国は常に戦争しています。結果として世界で最も借金を増やしていて、世界最大の消費大国となっています。一方で日本は米国のように戦争するわけにはいかないので、五輪のようなイベントに頼るしかありません。五輪や万博でも質問者様のように批判する人は確実にいますが、単なるバラマキに比べたら少ないので、借金を増やしやすくなります。当然ですが、戦争?五輪?万博がどれも正しいとは言えないでしょう。そんな事をしなくても、単純にばら撒く方が国民生活はよくなると思います。しかし世論がそれを許さないのが現状です。経済成長は「借金を増やすために信用を高める事」で達成できます。信用が低い国は借金できないので途上国のままですし、信用が低いのに借金する国は最終的に破綻しますが、信用のある国が借金を増やすと経済成長します。それ以外に経済成長する方法はないので、日本にどれだけ信用があるのかが問題になります。その点を議論しないまま「借金はダメ」という経済構造を無視した考え方をするから経済が変な方向に行きます。日本は1991年のバブル崩壊を境にして、国民も政治も「借金を減らして経済成長したい」と言い続けてきました。それは多くの国民が質問者様と同じような考え方だからです。しかし30年間で何も成功しなかったのは、政治家が馬鹿で借金を減らす事が出来ないからではなく、そもそも目標が間違っている事を考えてみる必要があります。自分でビジネスをするときに、そもそも他者や国民全体が儲かることなんて思慮に入れるかな?普通に考えれば自分と自分と近しい人々や団体が儲かれば他の人なんて思慮の外なんじゃないかな。だから、採算の話なんてのはそれこそ都民税とか府民税とか、あるいは地方自治体ではなく日本国民の税金でも補填してすればいいとでも思うものだ。要はビジネスとして国を巻き込んでいるのだ。国を巻き込んで、国名義で大会を開けば国が費用面を負担してくれる、国が負担できなければ国民の税金を用いる。こうして他者の金を使えば使うほど、自社の費用負担分は減少するから利益は上がる。まぁ、中間マージンというのもあるから、地方議会議員や地方のヤクザあたりも恩恵があるだろうね。そもそも大阪万博が決まった時に安倍首相が「こんなはずじゃなかった。落選すればよかったのにいい迷惑だ」なんて言えるわけがない。安倍首相が歓迎の発言をすれば大手メディアも一応は賛成?歓迎意見を言うだろう。無論反対する声もあるだろうけど、今更やりませんとは言えないしね。じゃあ、そもそも大阪はなんで立候補したんだというかもしれないが、それこそ大阪の府民と請願運動した人々の話で合って他の都道府県の人々が文句を言う話ではない。それに昭和の高度成長期に良い思いをした人々は比較的にお祭り好きだ。石原元東京都知事も採算や理論よりも感情的に高揚するものの方が好きだった。万博が本当に利益をもたらすのかなんてほとんどの大衆には分からない事だ。むしろ負債を残すのではないかという心配が勝って当たり前だろう。だからこそ、国全体が空威張りをするんだよ。本当に庶民に至るまで恩恵が生き渡るものなら国民が勝手に喜ぶ。国民が自発的に喜ばず疑問の声を上げたり、沈黙を守るということは、一部の人の利益以外は実はあまり考えていないと証明しているような物である。もういい加減にしたらどうか。 東京オリンピックでも、初めはコンパクトオリンピックのうたい文 句で7000億とか8000億で招致活動をしてきたのに、決定し たら、どんどん予算が跳ね上がっている。 一説には3兆円はかかるのではないかと言われていて、とんだ詐欺師的手法だ。この予算は、東京都民だけではなく国民も負担しなければいけ ない代物で、なんでたった15日間程度のオリンピックに、そこま で血税を注ぎ込まなければいけないのか。100歩譲って東京オリンピックが終わるまでは、少しは経済効 果があったとして、その後の反動はどうなのか。もう一過性のイベントや、箱ものでは経済が潤うとも思えないし、 持ち出しの方が大きいのではないかと思う。潤うのは一部の業者なり、権益じゃなりで、幅広く経済が上昇す るとは思えないのに、オリンピックが終わった後、夢よもう一度と考えたのか、”大阪万博”。オリンピックもそうだが、万博も、国によっては財政危機を理由に、返上したり辞退する動きがあるのに、よりによって私たちの日本国は、イベントが本当に好きな国だ。安倍晋三首相も28日の衆院本会議での代表質問で、「日本の魅力を世界に発信する絶好の機会になる。観光客が増大し、 地域経済が活性化する起爆剤になる」と誘致に積極的な考え を表明していた。高度成長期と違って、緩やかに衰退したり人口減少傾向にあ るのに、それほどオリンピックによって経済が活性化したり、万 博が起爆剤になるとは、私は思えない。夢よもう一度との発想だろうが、多分、持続しない。世界に名だたる財政危機の日本はとい うと、天井知らずの予算になっているのは、どうしたことか。まったく、人の金だと思って使いすぎじゃないのかしらん。もし経済が良くなるようなことがあっても、オリンピックまで、万 博開催中までで、その後どうやって発展させるのか。豪華な箱ものばかり作って、国民に投資を極端に嫌がる。 長い道のりかも知れないが、人に投資した方が結果的には国を救う事になるかもしれない。裏を返せば、こういった一過性のイベントに頼るしか、経済活 性化の道が考えられないのかもしれない。打つ手なしという事か。

Comments

コメントを残す