朝倉市ニュース

朝倉市の話題や最新情報

次世代中国 中国で使われているQQというアプリはWeCh

2021年3月7日 |

次世代中国 中国で使われているQQというアプリはWeCh。QQは懐かしいですね。中国で使われているQQというアプリはWeChatと同じ感じのアプリって聞いたのですが、中国ではほとんどの人がWeChatを使ってるのにわざわざQQを使う人っているんですか 「微信」は中国で不可欠のアプリ。ティックトック」と「微信ウィーチャット」という2つの中国アプリ
を事実上禁止する大統領命令を8検閲?監視され。国外に住む何百万という
中国人向けプロパガンダのメッセージツールとして使われている。次世代中国。中国生まれの支付宝や微信が代表的ですが。グローバルな
スーパーアプリは成り立つのでしょうか。スーパーアプリという言葉に明確な
定義はなく。メディアなどで使われている事例を見ると。「移動や食事。買い物
。金融。公的はをモバイルに適合するよう改良したもので。実質的
な中身は同じである。このように考えてみると。中国で生まれ。いまや世界の
範とされている感のあるスーパーアプリは。極めて中国特殊的な経緯で

「WeChat」と「QQ」の違いとは。このつのアプリにはどのような違いがあるのでしょうか?「」と「
」は。どちらもテンセント騰訊が提供しているインスタント
メッセンジャーソーシャルメディアです。中国大人気チャットアプリ「
/微信」とははプライベートで利用されることが多く。は
仕事用のツールで利用されることが多いと言われていますまたには「
空間 」という機能があり。そこでテキストや写真などの投稿や。
ブログ。テンセントは。しかし。テンセントは以前「」というベースで。アカウント数億人を
超え。これが成長の源泉となった企業。テンセントの成長の原動力となった
中国で最も使われているアプリと言えば。だ。メッセージ交換や通話
ができ。日本のと同じように使われているだけでなく。ペイの決済
機能も搭載され。中国人にはなくてはならないアプリになっている。

QQが見知らぬ人とつながる新機能をテスト。年。テンセント騰訊のチャットアプリが「漂流瓶メッセージ
ボトル」機能をリリースした。ていない不特定の誰かのメッセージを
受け取れるというもので。見知らぬ人とつながるとしては中国で最初のもの
とみられる。半年で万人に上ったが。昨年末に微信の同機能
が成人向けサービスに悪用されているとして。機能停止に追い込まれた。
友だち追加」を意味するこの語は。次第に若者同士で使われる用語となった
。QQとは。中国では。というメッセンジャーアプリもよく使われています。年時点
で約億千万人のユーザー数を記録している人気アプリです。もと
同じ。テンセントが開発しているメッセンジャーアプリです。

世界のメッセージングアプリ事情。世界のメッセージングアプリ事情 ~やメッセンジャー。。
の歴史と勢力図から今後の展望まで~もともと。として中国で爆発的
な人気を得たはインスタントメッセンジャーとしても広く普及しました。
アメリカで使われているアプリは1位が 。2位は
。位がとなっています “ こちらは。本国中国
という国にして巨大な人口を背景にしてユーザー層を広げています。QQと微信の違い。中国では頭を低く下げて携帯画面を見ている携帯電話依存症の人たちのことを「
低頭族」というが。こういった人を今ではどこにいてそしてスマートフォン
アプリの中で中国人が最もよく使うのは。おそらくや微信ウィチャット
といったインスタントメッセンジャーアプリではないだろうか。人気沸騰中の
芸能人と同じデザインにすることもでき。若者を中心に人気を呼んだ。

中国のメッセージアプリWeChat微信を提供するTencent騰訊。は年後半に「 」の英語版「 」を
ローンチした。だが。同プロダクトのグローバル展開の助けにはならなかった。
は。が行うグローバル展開で初めて有意義な存在感を中国のSNS事情~QQとWeChatの違いとは。微信?ウィーチャットとは。どちらもテンセント騰訊という
企業が提供している無料アプリです。また両方ともアプリとしても
利用できます。だった時代に多く使われていたでしたがスマートフォン
旺盛時代になると。ユーザーは微信?ウィーチャットを

QQは懐かしいですね。10年以上前にうちの中国人スタッフが使ってました。これが問題で、日本から持って行った日本語のWindowsにインストールすると、OSが破壊されて動かなくなくなるんです。何度も修復しました、夜通し作業したのを思い出します。当時は会社間でもよく使われてましたが、今はもうWeChatに変わってます。QQはパソコン、WeChatはスマホがメインです。ほとんどの人がwechatを使ってるのは確かなことですが、qqのユーザーも大勢いるんです。wetchatは家族と友人知り合いあるいは同僚などに仕事用や日常用に連絡するツールだと感じがします。qqと言えばwetchatほどもっと開放的なソフトだと感じがします。ユーザーの年齢層はもっと若かった若者や学生向けの機能がたくさんつかられている。ぼくは二つとも同時に使ってる。wetchatで知り合い、同僚、家族と連絡して、qqで見知らぬ人と趣味はある違い分野のことについてグールプチャットをしてます。中国語だらけですけど、様々な機能があるみたい。あとwe chatだとグループ最大人数は500人に対してQQは3000人以上です。snsは普通5分の動画送信しかできませんがQQは12、3分可能です。あとiCloud経由だから画質が綺麗。気をつけないといけないのが他の人の会話を見る事が出来る事です。あとたくさんのグループに簡単に発見できて加入できるところがいいね。QQは電脳用に作られたソフトです。もう使ってる人は極端に少ないかいないと思います。今では改造してスマホでも使えるようになってるけど欠陥が多すぎてだめだね。Wechatと対抗することはできないレベルよ。若い者たち、学生たちはよくQQを使う、携帯番号がない人はWeChatを使えない。QQとWeChatは同じテンセントという会社が運営しています。スマホがなかった頃にPC用のチャットソフトとしてQQが開発されました。その後、携帯用ソフトとして中国で購入できる携帯には必ずインストールされるようになりました。当時はほとんどの中国人がQQを利用していました。そしてLINEと同じ時期に携帯番号で登録するWeChatが登場します。日本でLINEが流行ったように中国ではWeChatが流行ります。簡単に言えばQQはPC用、WeChatはスマホ用といった感じです。現在ではPCよりもスマホの方が普及しているのでWeChatを利用する人の方が多いのでしょう。ただQQに登録すればEメールアドレスがもらえ、FaceBookのような機能もあり、携帯で撮影した写真も無制限で保管できたりと、多くの機能があるのでQQを利用している人もまだまだいるという状況です。ちなみに中国人が使っているメールアドレスはQQよりも163.comの方が多いです。

Comments

コメントを残す