朝倉市ニュース

朝倉市の話題や最新情報

気楽な掲示板 私は31歳 妊婦 初産です わたしは妊娠す

2021年3月6日 |

気楽な掲示板 私は31歳 妊婦 初産です わたしは妊娠す。あまりにも自分と重なるところが多かったので、書き込みさせていただきます。私は31歳 妊婦 初産です

わたしは妊娠する前からうつ病持ちでした
(精神科にも通ってました )
小さい頃から虐待もありました
人間不振に陥る出来事も多々ありました
内容は省 略させてもらいます

旦那とは付き合って
すぐに結婚したため、お互いのことを知る時間が少なかったように思います 授かり婚なので (友達歴はそこそこです )

それで、なのですが、
マタニティーブルーなのか、妊娠中のうつなのか分かりませんが
寂しくて寂しくて仕方なく旦那に泣いてばかりいます
旦那にも付き合いがあるのは分かりますし
頭では理解してるのですが泣けてきます
付き合いで出かけるときは連絡くれるし、行っていいか聞かれるのですが、行ってらっしゃいと本当に思ってるのに、言葉とは裏腹に涙が止まりません

旦那は、私の元々の精神状態は軽く知ってるのですが
妊娠とあいまってか自分自身ひどいような気がします

そのせいで旦那を困らせてばかりです
優しい人なのに傷つけてるかと思うとくるしくて
先日、俺はどうしたらいいねんと泣かせてしまいました 怒っていたのかも知れない ため息をつかれもしたので

長々となりましたが、どうしたら夫婦間は上手くいきますかね
伝え方も難しくて 切り出し方も分からない
アドバイス頂けたら幸いです CTV報道ドキュメント。出産後の子どもの養育について。出産前の支援が特に必要な妊婦」産んでも育て
られない???。女性たちを私は否定することはできないです。 歳 女性
この番組を見て。まず。逃げた男性が悪いと思いました。妊娠した女性がとても
苦しんで妊娠するかどうか確信はない高額な自費治療です。でもね。女だけ
を批判せずに男も批判しろ。と横っ面を張りたいのは私だけでしょうか? 歳
女性 わたしはまだ妊娠をしたことはありません。会社員 歳 女性

赤ちゃんへの影響は。妊娠糖尿病になると母体と胎児に悪影響がでるため。早期に発見し。治療する
ことが大切です。妊娠前は健康に過ごしていたのに。妊婦健診で毎回行われる
尿検査で「糖が出ている」と言われて驚く妊婦さんは少なく高齢出産は何が問題なのですか。についてのページです。オムロン式美人」は。女性の健康をサポートする
を中心に月経/妊娠?出産/更年期/ライフスタイルに関する情報を赤ちゃん
の発育に影響が出る妊娠前から太り過ぎだった妊婦さんや高齢出産の妊婦さんは
。妊娠高血圧や妊娠糖尿病のリスク難産になりやすい高齢でかつ初産の場合。
産道や子宮口が硬くなっているため難産になりやすく。帝王切開になる確率が
妊娠高血圧症候群と判断される基準値は。最高血圧/最低血圧どのくらいですか

妊娠中。歳初産です。 週のときに先生にみてもらい浮腫はないとのことでした。
わたしは妊娠前から葉酸をのんでいます。今日妊婦検診に行き。帰ってきて
大きさを見たら。だけが週数より小さく。ネットで見たらダウン症事が書いて
あり。不安今。妊娠週目で医師にダウン症の疑いがあると言われ。週目に
の検査。胎児ドックを勧められ。する予定です。心室中隔欠損とその他の
病気も見つかったから言いにくいとかじゃないですか? 代/女性 –
//38歳。ブログ?。 「ひろみごと」 で峯村 静恵の歳でも妊娠力が高まる!
内診があ, で。健診後帰ろうとする私に助産師さんが言いました。お洋服を
着せて。こ, 歳の初産妊婦エヌです!/が予定日なのであと日です。
たいと考えていました。人の子供がいますが。最後の出産は歳の時。現在
歳 …

妊活?妊娠?出産特集。それが月経周期のたびにきちんと排卵されていれば妊娠の第一関門はクリアです
。 妊娠前にしておいてよかったこと。しておけばよかったことは? 妊活?
妊娠?妊娠初期から出産までの間。回ほど受診する妊婦健診費用の一部を
公費で負担してもらえる。リサーチは大事」歳?公務員ミヤビエステート。人目は歳。人目は歳。 私の周りでは。人目までは全然普通ですよ。
高齢出産の割合が高くなっている最近では。代に入ってからの初産が珍しく
それには。女性の社会進出で結婚する年齢が上がってきていることなどの理由が
ハイリスク妊娠。ハイリスク妊婦は年齢も関係します。, そのためメディア“ベストな産み時”っていつ。歳で出産し。現在0歳児と歳児の子育てをしているストリートアカデミー
執行役員の窓岡順子さんと。歳で出産し。歳と歳の子どもと暮らす
リブセンスまさよふさん以下。敬称略。私は大学4年生の冬に妊娠が
分かりました。窓岡。私は出産するまで思いっきり働いてきたので。仕事
に対する不安はなかったんです。大きいお腹を抱えて飛び回っていたんですか

「“ありえない”設定の中での。インタビューわたし。妊娠しました!」は。発表するや大きな
話題を呼んだマンガ『セブンティウイザン ?才の初産?』を原作に描く。合計
才の新米パパママの。笑ってドラマの中で僕たち夫婦は。代代になっ
て初めて経験する出産と育児に右往左往するわけですけど。それが逆に。視聴者
の気楽な掲示板。20歳の時に肥大型心筋症との診断を受けましたが。投薬治療などはしており
ません。 ただ。半年から1年投稿者。しのぽん 投稿日。//
私は発作性上室性頻拍症を持っているのですが。人目を帝王切開
で出産する予定です。帝王切開33歳妊娠4ヶ月初産です。私費用は。
わたしは。70万かかりました。8割返ってきて。あと保険でなんとかなりまし
た。

あまりにも自分と重なるところが多かったので、書き込みさせていただきます。私も母親からの虐待経験があり、子育てに不安があり、また妊娠前からうつ病の治療をしていたきっかけは妊娠とも旦那とも関係ありませんのですが、優しい旦那に恵まれ、支えられ、現在子供は小学生です。さて、そんな私からのアドバイスは、全部旦那にぶっちゃけてください、よく話し合ってください、というものです。ここから長々と私の体験を書かせていただきますが、結論から言えば、そこに尽きます。あなたのために、泣いてくれるような旦那さまで、あなた自身が「優しい」と評する方を信用するならば、子供のためにも、貴方の闇を知ってもらう必要があると思います。***他の方もおっしゃるように、専門家に頼ることはとても大事なことです。その上で“家族として、どう乗り越えていくか”について、重点を置いて私の体験をお伝えしたいと思います。私の場合は、そもそも結婚の前に、この事妊娠に関して話し合い、その時に、私の過去、現状うつ病持ちである事全部ひっくるめて、全て正直に打ち明けました。旦那は子供が大好きで、できる事なら野球チームができるくらい欲しい、なんていう人だったのですが、私が正直子供が苦手で、幼少期のトラウマもあって、とてもまともな母親になれるとは思えなかったので、子供のためにも、旦那に子供を守ってもらう必要があったからです。「産んであげてもいい変な言い方でごめんなさいけれど、育てるのは自分がやるくらいの覚悟でいてね?私が子供に手をあげそうになったり、理不尽なことを言いそうになったら、止めてね?いつも子供の味方でいてあげてね?」とお願いして、「それでいい。産んでさえくれれば、あとは俺がやる」という言質苦笑をとった上での妊娠でした。妊娠中の私は、それはひどいものでした。つわりで食べられないストレスと、うつで何も手につかない?出来ないストレス。洗濯機に汚れ物を入れるだけであるはずの洗濯さえままならず、一日中、眠っているか、ゲームをしているか、のどちらかの廃人状態でした。食事は旦那がお惣菜を買ってきてました母親になるのが怖いと泣き、こんな私が貴方の妻でいていいはずがない、いっそ捨ててくれと泣き。???本当に、よく捨てられなかったなぁ、と今でも思います。旦那は自身も一度うつを経験した人間で、カウンセリングや心理学を取るなど、心得があった、というのも大きいかもしれませんが、旦那は「お前は生きていてくれさえすればいい。家事も育児も、他の誰にでもできるけど、お前の代わりにその子をうめる人間だけはいない」と、何も出来ない状態の私を叱らずに、文句さえ言わずに、黙って寄り添ってくれました。そんな悲惨な妊娠生活でしたが、ずっと「そのお腹の中で新しい人間を作ってるんだ、そんな大業をしてるんだから、しんどいのも、他のことができなくなるのも当然だ」と旦那に言い聞かせられているうちに、うつ病独特の、「できない→自己嫌悪→もっとできない→死にたくなる」の無限ループが「できない→妊婦なんだからしょうがない→自分を許せる→前に進める」に代わり、子供が生まれる頃には、うつ病が治っていました。ーーーそういう“瓢箪から駒”みたいなこともあるんですよ笑生まれたあとは、旦那の積極的な育児参加もあって、なんとかやっていけています。ただ、旦那の理解がなかったら、ここまで来れたかどうかも怪しいです。怖いことを言うようですが、子育てしている時に虐待経験のフラッシュバックを起こすこともあります。例えば、子供を叱っている時に、自分が叱られた体験を思い出して、あの頃の私は可哀想だったと、唐突にトリップして泣くしか無くなる、とか。そんな時にも、私は「正直に話す」ことで乗り越えました。急に不機嫌になったり、泣き出す変な母親/妻が「自分のせいで母親/妻が苦しんでいる」と子供や旦那が感じたら、余計に負担になるし、それはそもそも違いますし。だから、そんな時は「ごめん、ちょっと嫌なこと思い出しちゃって。あなたのせいじゃないのよ。気にしないでね」と言ってます。もしも何か気分を害するスイッチがあるなら、こう言うことをされると、ダメみたい、とちゃんと申告します。話し合うしかないんです。察してもらう、なんて無理なんですから。そこで冒頭に戻ります。話してください。質問者様は、すでに妊娠していらっしゃるので、今更旦那様に過去を話すことは後出しジャンケンみたいですが、この後に子育てがあることを考えたら、まだ遅くありません。話の切り出し方?進め方は「これからもずっと、あなたと一緒にいたいから、うつも妊娠も、子育ても、乗り越えていきたいから、あなたに知ってほしいことがある」と言うスタンスはいかがでしょう?貴方がどんな過去を持って、そのせいでどんな不安を抱えているのか。どうしてこんなことになってしまっているのか。その上で、“二人で子供のために何ができるか”考えてください。ただし、ここで重要なのは、話すのは貴方の心を癒すためではない、と言うことです。ここはものすごく重要です。そこは専門家を頼るべきです。カウンセラーは、合う合わないがあるので、一度のトライで諦めずに、根気よく質問者様に合う方を探してください。―――そうではなくて。貴方のアップダウンに付き合う旦那さまが、「そっか、それなら仕方ないね。そう言うこともあるんだね。俺のせいじゃないんだよね」と割り切るための情報を、旦那さまにあげてください。旦那はカウンセラーではありません。貴方がこれから、一生を共に過ごす“パートナー”です。貴方を理解する義務も必要もない中、貴方を選んで、そんな面倒ごとに付き合ってくれる彼に、感謝してください。イライラして感情的になってしまったら、それを受け止める旦那は辛いでしょう。イライラするのは旦那のせいではないのだと、教えてあげてください。何もできない妻を見て、その分自分が家事や子育てに参加しなければならないなんて、面倒臭いと思うでしょう。こんな状態でごめん。頑張って治すから、もう少し付き合ってほしい、感謝してると、言葉にしてあげてください。話したところで、共感はしてもらえないかもしれない。的外れな言葉が帰ってくるかもしれない。だけど、自分の言葉や無気力さに理由があるのだと、解決する努力をする意志はあるのだと伝えることは、重要です。それが愛し合い、家族として協力し合う、旦那と妻のすべき努力だとおもいます。『付き合いで出かけるときは連絡くれるし、行っていいか聞かれるのですが、行ってらっしゃいと本当に思ってるのに、言葉とは裏腹に涙が止まりません』そんなあなたの言葉に、あなたがあがいているのがわかります。泣いていいんです。寂しいと、旦那がいないところで、大泣きすればいいんです。帰ってきた時に、寂しかったと抱きついていいんです。『俺はどうしたらいいねん』と言う旦那様には、してほしいことを言えばいいんです。「何もしなくていい。もう十分寄り添ってもらえて、嬉しいし、愛してるし、感謝してるよ。でも寂しく思っちゃうのは許してほしいし、今は、ギュってして、頭を撫でてほしい」と。『怒っていたのかも知れない。ため息をつかれもしたので』旦那様も人間ですから、そんな日もあるでしょう。うちも仕事が忙しかった日なんかは、旦那がぷっつんします苦笑そんな時は普段自分のアップダウンを受け止めてもらっていることを思い出して、旦那を癒すことを優先してください。ため息はパーソナルにとらえない自分に向けられたものだと考えない寛容さを持つ努力を、ね!そうして積み上げた歩み寄りと、理解が、少しづつ最適な距離と付き合い方のマニュアルみたいなものを育てていって、二人の居心地のいい形に落ち着くのだと思います。ただし???これは本当に、旦那様の愛情と忍耐力にかかっていると思います。うちの場合、本当に尋常じゃない精神力の旦那だったので、なんとかなった感が苦笑 ―――私も日々感謝です。長文にて失礼いたしました。あなたの不安が少しでも前に向くお手伝いの一助になれば幸いです。お二人と、赤ちゃんと、幸せな家庭を育むことができますように。妊娠中は、普段より情緒不安定になるときもありますが、ちょっと行き過ぎなので、一時的なものではないと思います。これから出産すると、もっと不安定になるでしょうから、今のうちにしっかり病院へかかっておくのが良いです。私は、総合病院で出産しましたが、精神的に病んでいる人、その他の病気で難しい出産となる人、色々な病気の人がいました。私の隣の部屋の人は、精神的に病んでいて、出産後、あかちゃんの面倒をみれなくて、新生児室にあかちゃんを預けていましたが、あかちゃんが手元に居ないのが不安で泣いていました。何が、その人の負担になるかは分かりませんし、サポートする方も手探りです。プロだって、そうなのですから、ご主人さんは、知識も足りず困るばかりだと思います。夫への対応についても、医師に相談してアドバイスをもらうのが良いです。それは産科の先生に言って精神科を紹介してもらうか自分で探して、診察やカウンセリングをうけた方がいいのではないでしょうか?妊娠中はホルモンの変化で精神不安定になりがちですが、カウンセリングなどで安定できるならその方があなたもご主人も楽だと思います。産後鬱はうつ病の人でなくてもなりやすく、妊婦や出産後の自殺率は高いとコウノドリに書いてありました。ご主人にも読んでもらうといいかもしれません。電話で相談できるところもありますお住いの自治体のサイトを見たら、他にも相談できるところがあると思います。市や区のサイトを見てみてください。最近は子育て世代包括支援センターという名称で諸々相談できる場合があります。検索してみて下さい。産科の医師、看護師、助産師、大きな病院ならソーシャルワーカーもいると思います。とにかく誰かに頼ったらいいですよ。相談してください。話を聞いてもらってください。こんなことでとか思わないで大丈夫です。助けてくれる人は沢山いますよ。

Comments

コメントを残す