朝倉市ニュース

朝倉市の話題や最新情報

現代文ワーク 国語の文章についての質問です~したり~した

2021年3月6日 |

現代文ワーク 国語の文章についての質問です~したり~した。決まりごとではありますが、必ずしも決まりどおりに書かなくてはならない訳ではありません。国語の文章についての質問です
「~したり、~したこともあったけど、~です 」という文章が変だと指摘されました
「~したり、~したりしたこともあったけど」と、「たり」を重ねて使わ ないといけないと言われたのですが、それだと言い回しがしつこい印象で好きではありません 文法として間違っているのかもしれないけど、二度目の「たり」の代わりに「も」で並列のニュアンスを出しているつもりでした 手書きの文章なので、できれば書き直したくないです 最初に書いた文章でも変ではないと肯定してほしいです
「たり、たり」は決まりごとなのでしょうか 主語主語の見つけ方。この&は「進研ゼミ小学講座」の会員向けコンテンツを一部公開したものです
。 回答内容は。小学生の学習範囲を考慮して制作されています。進研ゼミ文章
を読んでいて,主語がどこなのかがわからなくなることがあります。どのように

現代文ワーク。本文についての質問です。 第六します。特に「真なるものや??与えれえる
ことにまります。行目の傍線部分について なぜ種の起源は瞬く間に
受け入れられたのですか。神様がすでに創造したあらゆるモノの美しさを表現
するために。昔のキリスト教世界の人は絵を描いたり。彫刻を彫ったりしたの
です。国語の読解?解き方のコツ。国語の読解?解き方のコツについて。読解の仕方。問題の解き方。読解力の
伸ばし方について解説。 ポトス例えば。登場人物の悲しい気持ちを雨で
表現したり。すっきりとした気持ちを青空で表現したりといったことです。
ドラマ?映画等と同じです。 登場人物そして。「どの言葉が質問されている
内容の本質か」を分かるためには文章全体を理解する必要があります。 文章全体
を理解し一番

国語の文章についての質問です~したり~したことの画像。国語の説明文。以前。生徒からこのような質問を受けました。国語の文章問題を解くとき文章
が何について書かれているのか。どのような内容なのかは理解できるけど筆者が
それはつまり。その問題の作成者が考える著者が言いたい事を。私たちは解答
するべきであるという事です。②でお伝えしたように。筆者は読者に自分の
主張。考えを分かってもらいたいという気持ちで文章を書いてい第2章。ここからサイトの主なメニューです 経験したことや想像したことなど
について,順序を整理し,簡単な構成を考えて文や文章を書く能力を身に付け
させるとともに,進んで書こうとする態度を育てる。 書かれているウ
場面に合わせてあいさつをしたり,必要なことについて身近な人と連絡をし合っ
たりすること。エ 話の中心に気を付けて聞き,質問をしたり感想を述べたり
すること。

国語現代文について質問です。国語現代文について質問です。現代文に必要なのは慣れ。なので問題を解
いて解いて解きまくることです。偉そうなこと言ってますが。僕もまだ高校生
で模試でも意味とかで落として満点取り損ねたりします笑。まぁ。

決まりごとではありますが、必ずしも決まりどおりに書かなくてはならない訳ではありません。実際の書き方は自由です。ただ決まりがある以上、採点される場合には減点対象となるでしょう。?たり?を使わずに?も?だけ使えばどうでしょうか。??したことも、?したことも?その他、内容によっては??や?などをしたことも?などと書き換えられる場合もあります。たり 並立助 〔完了の助動詞「たり」の終止形「たり」から。中世末期以降の語〕活用語の連用形に接続する。ガ?ナ?バ?マ行五四段活用の動詞に付く場合には「だり」となる。① 並行する、あるいは継起する同類の動作や状態を並べあげるのに用いる。普通、「…たり…たり」のように、「たり」を二つ重ねて用いる時に、末尾の「たり」のあとに「など」を添えていうこともある。 「人が出-入っ-している」 「本を読ん-だり手紙を書い-するひまもない」 「大きかっ-小さかっ-などして、なかなかからだに合うのがない」② 副助詞的用法一つの動作や状態を例としてあげ、他に同類の事柄がなおあることを暗示する。 「あの子は、親にたてつい-して、ほんとうに困ったものだ」 「わたしが人をだまし-などするものですか」③ 終助詞的用法同じ動作を「…たり…たり」と繰り返してあげ、命令や勧誘の意を表す。 「さあ、早く起き-起き-」 「そこに居てはじゃまだ。どい-どい-」大辞林上記②の副助詞的用法用法もあり、必ずしも、重ねて使わないといけないのではありません。①でも、「普通、「…たり…たり」のように、「たり」を二つ重ねて用いる」というように、必ずではなく、普通で、二つ重ねて用いる場合が普通であるに過ぎません。■そうです。決まりごとです。「並列助詞」といいます。これは1つの文中に必ず2回以上出てこなければいけません。なお一般には、並列助詞を使うことそのものが「文章を幼く見せる」効果があるため、それが嫌なのであれば「物事を併記する」自体をやめることです。「併記はしたいけど並列助詞は使いたくない」というのでは、文章がちぐはぐになって当たり前なので。ダメですと、誰が言ったのでしょうか?私は別に違和感はありませんでした。

Comments

コメントを残す