朝倉市ニュース

朝倉市の話題や最新情報

窒素を含む芳香族化合物 アニリンから塩化ベンゼンジアゾニ

2021年3月6日 |
恋愛 |

窒素を含む芳香族化合物 アニリンから塩化ベンゼンジアゾニ。理論上反応が進行してもおかしくは無いと思います。アニリンから塩化ベンゼンジアゾニウムを作る反応において、塩酸と亜硝酸ナトリウムを使用しますが、なぜ亜硝酸ナトリウムなのでしょうか
硝酸ナトリウムではダメなのですか 第87章。この章では,ニトロベンゼンからアニリンを合成する実験と,アゾ染料を合成
する実験を紹介します。さらし粉水溶液を加えると青紫色の呈色反応を示し
ます。塩化ベンゼンジアゾニウムとフェノールのカップリング反応は,ジアゾカップリング反応。アミンのジアゾ化。アミンであるアニリンに希塩酸を加えてアニリン塩酸塩塩酸
アニリンとし。これを氷水につけて冷却しながら亜硝酸ナトリウム
水溶液を少しずつ反応させると。塩化ベンゼンジアゾニウム窒素を含む芳香族化合物。アミン」は。アンモニアの有機化合物誘導体であり。アンモニア
の水素原子を。つからつの炭化 酸化反応 アニリンは。非常に酸化され
やすい物質です。これは。電子供与性のアミノ基-により。ベンゼン環の
このようなジアゾニオ基-+≡の構造を持つジアゾニウム塩を作る反応を。「
ジアゾ化反応」といいます。例えば。次の図に示すように。
塩化ベンゼンジアゾニウムは。加熱すると加水分解して。フェノールになります

高校化学「塩化ベンゼンジアゾニウムの性質」。前回は。アニリンから塩化ベンゼンジアゾニウムをつくる方法を学習しました。
その際の注意点は。0~5℃の低温で反応させるという点でしたね。
_

理論上反応が進行してもおかしくは無いと思います。ただし、反応を進める+NO2が比較的安定なので、アミンと反応するだけのパワーがなく、うまく進行しないと考えられます。

Comments

コメントを残す