朝倉市ニュース

朝倉市の話題や最新情報

透析センター 認知症の人工透析の中断について質問です 現

2021年3月6日 |

透析センター 認知症の人工透析の中断について質問です 現。透析の仕事をしてます。認知症の人工透析の中断について質問です

現在、週3で人工透析をしている祖父がいます
認知症が進行してきて、透析中にじっとしていることが困難となってきました
病院側には、あま り暴れるようなら受け入れできなくなる可能性があると言われています

仮に受け入れてもらえなくなったとしたら、透析をやめ死を待つしかないのでしょうか
また、祖父本人はずっと透析をやめたいと言っていますが透析をしないと生命を保つことができないですし、苦しみ抜いてから死ぬとよく聞きます
かなり認知症が進行してきたこともあり意思能力があると判断されるか定かではないですし、透析を本当に本人がやめると決断した場合、独断でやめさせられるものなのでしょうか

認知症患者の人工透析事情について何かご存知でしたら、教えてください お願いします 透析の質問と回答集。透析の基礎知識。透析治療の導入。透析治療について。腎移植について。腹膜
透析について。合併症。保存期腎不全。妊娠?出産等の幅広い分野に透析を月
?水?金の3日間となった場合。 土?日の2日間は人工透析が行なわれないと
聞きました。現在は自然の還元水を飲んでいますが。腎臓が悪い人は飲まない
方が良いという話も聞きました。今のところ糖尿による合併症目やあしは
でてないのですが。 血糖コントロールが悪くて認知症になってしまったのでしょ
うか?

医師監修人工透析とは。透析治療中の合併症 透析は週3回。1回あたり4時間程度行われるのが通例です
。 しかしその頻度で適切な透析の高齢者の血液透析の選択。歳/女性/腎機能低下と変形性膝関節症のため通院治療中軽度認知症の歳夫
。会社員の歳長女との人暮らし医師は。血液透析を開始するタイミングだ
と判断し。今後の血液透析の必要性や通院の頻度等について患者と長女に説明
した。ただ。最近は家の中でも歩くのがおぼつかなくなって。母が言うように
頑張っていけるのか心配です。認知症ケアガイドブック看護に関するよく
あるご質問新型インフルエンザ等対策日本看護サミット労働と看護の質向上
のための人工透析が必要な人が透析を受けないとどうなるの。もし中断するとどうなるのか。腎機能の低下によって生じること; あえて人工
透析を「受けない」という選択肢はありえるのか; 透析へ至らないために必要な
腎不全により。体内の水分?塩分?毒素などが調節できなくなった方です。
認知症患者など。自分で人工透析を受けられない場合は?国の動きについて
補足がありましたら。現在位置から病院を探す; ページへ戻る

透析センター。当院では。昭和年より。重症急性腎不全。および末期慢性腎不全の血液浄化を
目的とした。透析室を開設しました。開設時より腎臓さらに現在では透析患者
の高齢化に伴う。認知症合併患者や。寝たきり患者といったより密度の高い透析
管理が必要な患者も対象として。機能を拡充しております。透析には大きく
血液透析皆さんが言うところの“透析”ですねと。腹膜透析があります。 現在当院
では一般透析室については月?水?金に夜間透析~も行ってい
ます。「透析治療中止が問いかけること」。人工透析は。機能が低下した腎臓に代わって。人工的に体の血液をきれいにする
治療法です。がんの末期で十分話し合いができなかった。認知症で本人の意思
が確認できなかったなど。やむを得ない事例が多いのですが。医師が提言を
人事院は「知的障害者については。省庁別の個別試験や非常勤採用での雇用で
対応していく」としていますが。月日 ; 若者たちの質問の連射を起点
に解説委員たちが解明する事の真相。月日総合午前10時分~

透析の仕事をしてます。透析患者と認知症は切っても切れない関係です。透析をすると認知症の症状が促進することもあるので。病院側としては、自己抜針が一番懸念すべき点で家族の同意があれば抑制をして、身動きを出来るだけ抑制したいと思うのが本音です。自己抜針は血液なので感染にも繋がりますし、それが原因で命を落とすことも無くはありません。なので、受け入れ拒否になることは病院の考え方とスタッフの透析患者に対する向き合いかたで変わってきます。認知症と診断されているのであれば、本人の意思で辞めることはできません。ご家族の判断に任せられます。まずは、抑制を病院側に許可してもし、自己抜針などがあっても訴訟はしませんと言う意思表示をすると、病院として、安心はできますまず、身内親類が、透析に連れて行き、透析中拘束することを承諾すれば、何とか透析をしてくれるかもしれませんが、大声を出したり、本人が拘束を拒否し暴れたりするようなら、やはり透析はかなり難しいものになるでしょう。ちゃんとした意思がある状態で、一筆書かせていたとしても、簡単には透析をやめさせることは出来ないのが現実です。最後は病院の判断になります。通院している病院が、これ以上透析が無理だと判断しながら、まだ透析をさせたいと思うのなら、自力で透析してくれる病院を探す必要があります。うちも父が透析をして5年経過そして脳血管認知になりましたいつかうちも透析中に暴れたり危険行為をやったらどうしょうと考えついます。今は行かないと死ぬと理解して辛いながら通ってはいます。大人しくもしてくれています。途中で止めるこれも家族の身となると分かりませんよね。やめると心不全で苦しくなります説得して大人しくなってくれたら良いですね。うちは不穏にかると明日は透析に行かない死ぬから良いと良く言っています翌日になると通っています。まだ暴れる元気があるなら苦しくなっちゃうよと話し合ってはいかがでしょうか?認知症でも多少は通じると思います暴れちゃうと今のクリニックからだされちゃうからと。先の回答者さん文章読めないのかな、透析してるって書いてあるのに。透析しています。一旦始まった透析治療は、本人の意思以外では止める事は出来ないと思います。認知症と診断される前に、認知症になったら透析をやめたいと言う本人の意思を書き留めてあったなら、それは有効かもしれないですが、そんな物が無いのなら認知症でも受け入れてくれる透析施設を探してまたは探してもらって転院するしかないでしょう。認知症になる前はお祖父様は最後はどうしたいと言ってましたか?「どんなことをしてもとにかく命さえ長ければ良い」と言っていたか「自然に死にたい」と言っていたか。暴れるのは辛いからです。辛い治療が必要な場合とそのまま現実を受け入れる場合があります。生きてるものは誰でもなんでも必ず死ぬので、今から両親と話し合っておいて、食事を食べられなくなったら胃瘻や経鼻栄養、高カロリー輸液をしたいか、水が飲めなくなったら点滴して欲しいか、腎不全になったら透析してまで長生きしたいか決めて、書面に書いてもらった方が良いですよ。

Comments

コメントを残す