朝倉市ニュース

朝倉市の話題や最新情報

3人の運命 手術ができなくて全身に転移していて治らない運

2021年3月6日 |
転職 |

3人の運命 手術ができなくて全身に転移していて治らない運。それが可能であればもちろん選択肢に入ります。手術ができなくて全身に転移していて治らない運命にある胃がん?大腸がん?肺がん?膵臓がん?胆管がんが見つかった場合、 副作用が強い抗がん剤治療(分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬も含めて)などの延命治療はあえて受けずに、モルヒネなどで痛みや倦怠感、呼吸困難などのつらい症状を和らげる対症療法だけを受けて残された人生を有意義に過ごす(おいしいものを食べる、旅行に行く、など)というのも一つの大切な選択肢ではないでしょうか
もちろん、比較的早期で治る見込みが高い場合は手術や放射線治療や抗がん剤治療などの治療は受けるという前提ですが 手術療法。特に。がん細胞がばらばらになって細胞レベルで転移していると肉眼では見る
ことができません。 がんを体から排除する根治療法として手術を選択した際には
。目にみえないがんの転移の有る無しが手術療法の有効性を大いに左右します。
もし。散らばったがん細胞をすべて取り除くことができなければ。やがてがん
細胞は増殖し。再発します。を切り除くという意味では。手術療法と同様な
考え方ですが。全身麻酔をかけて胸やお腹を切らなくても済むというメリットが
あります。

3人の運命。胃瘻を造設しました。それでも腸閉塞は解除できず。ある夜。突然。激しい
腹痛とともにショックに陥りました。さんのご主人は手術をしてくれ。
このまま眠らせることはできない。と強く主張されているとのこと。手術しか
ない。と外科?呼吸器外科?消化器外科?乳腺外科。若年者は乳腺が発達しており。マンモグラフィでは病変が分かりにくい場合が
あるので超音波検査が有効です。行っても診断が着かない時で。癌を強く疑う
時には癌の手術が引き続いてできるように。全身麻酔下に腫瘤を摘出して手術
切除した部分の断端を手術時に迅速病理組織検査に提出し。癌病巣を残すこと
なく摘出できているかどうかを確認します。乳房切除術, 癌が胸筋まで波及し
ていない人。また腋窩のリンパ節転移が著しい人以外で。乳房温存手術が無理な
人や乳房

切らずに治す胃ガンのはなし。胃ガンは胃の内面にある粘膜の細胞から発生し。何年かかかって数程度のガン
となります。転移胃以外の臓器にまでガンがおよぶは。まず胃の周りの
リンパ節から始まり。周囲の臓器肝臓?膵臓?大腸?しかし。かなり進行し
ていても全く症状のないことも多く。胃ガンを早期に発見するためには症状では
なく定期的に検査を受ける必要があります。方法で。全身麻酔を必要としない
?翌日から食事がとれる?1週間ほどで退院できるなどメリットが多く。手術
時間も内視鏡内科。この消化管の内視鏡胃カメラ?大腸カメラと。肝胆膵の腹部エコーが。当院
でも可能な主検査になります。切除可能な大腸ポリープがあれば。その場で
ポリープ切除日帰り手術可能.炎症性荒れているか。腫瘍性でき
ものに分かれ。合わせて器質的病変といいます。なにも器質的病変が
見つからないことでわかる病気もあるんです。また。狭心症心筋梗塞の前
段階の症状を消化器症状とカン違いしていて。胃カメラで何もなかったので
心臓を調べたら。

岩本彦之焏教授最終講義。この喉頭に癌ができた場合に。もし手術でもするということになると。治っても
後で声が全然出なくなるのではないか結局横浜市大での放射線を受けて
治らないので。われわれの所に来て喉頭の全摘出をやったのです。小宮山。
お陰さまで。岩本先生に手術して頂いてからずうっと何ともなく。丈夫で年も
たちましてありがとうございます。が。非常に進んだ癌でも治る場合がある
かと思うと反対に非常に初期の癌でも再発するということがありまして。その人
の運命

それが可能であればもちろん選択肢に入ります。しかし現場ですと骨転移などして癌細胞が神経を圧迫してモルヒネですら抑えきれない程の痛みを発生させるケースも多々あります。そういう場合は例え完治する可能性がなくても、痛みを取り除く神経圧迫してる癌細胞を小さくする目的の抗がん剤も使用されます。治療は患者が決めるものですから、それも良いと思います。其のとおりだけど本人の希望でしょうねえ。どうしても直したいのですよ。それで皆にんじんジュースに成るのです。たまに治ります。ゲルソン療法です。何十人も治っていますからねえ。それが緩和ケアターミナルケアと言う物です。緩和ケアには、手術、化学、放射線治療を行う時もありますが全ては緩和ケア疼痛軽減など目的で行います。今現在の医療は、緩和ケア技術及び認識がとても高くなって来て居るので、昔のように末期ガンで疼痛により喘ぎながら死ぬと言う事は殆どありません。また、最終的セデーション意図的に患者の意識を落とすを行う事で、安らかに眠りながら最期を迎えることが出来ます。先ず何処かの部位が原因で原発性の〇〇がんになりそれが全身に転移した状態なら普通は美味しいものを食べる、旅行に行くなんて言う状態ではないですよ、身体が動けませんよ、もし本当に全身に転移しているのならね、早期発見?早期治療なら一番は手術が出来る状態なら手術をするのが一番ですがね、癌の最後は痛みとの闘いですからね。基本的には1.手術。2.放射線治療。3.抗がん剤治療の順になりますがね。勿論、そういう選択肢も大いにあります????がその状況でおいしいものを食べる、旅行に行く、などはちょっと無理ですね???少なくとも「モルヒネ」を使うような状況では????そうですね。患者さん本人の希望がかなえられる選択肢があればいいと思いますよ。そういう選択肢もあります。抗がん剤の種類などにもよりますが、確かに抗がん剤には副作用のリスクがあり、それにより体力を奪ってしまう場合もあると思います。ですので、特に癌が進行した終末期の状態で元気を失っている状態では抗がん剤はあまり勧めにくいですし、対症療法を優先するのがいいと思います。ただ、全身に転移のある患者だったら抗がん剤はどんな場合にもよくないのかといえばそういうことはないと思います。抗がん剤治療を行えば、数か月以上の延命が期待できる場合もありますし、その間に最後にやりたかったことをやって有意義な時間を過ごせる場合もできるでしょう。また、抗がん剤の副作用というと、絶望的にきついものをもしかすると想像されているかもしれませんが、実際にはそこまで強い副作用を経験しない場合も多くあります。抗がん剤治療をやってみて、副作用が予想以上にきつかったら、その段階で抗がん剤治療をやめて対症療法メインに移行する、という選択肢もあります。要は、病状や副作用の程度、患者さんご本人の希望などに合わせて、抗がん剤治療をするかどうか決めていけばよいのではないかと思います。死ぬとわかっているのなら、有意義に過ごすことしかないですよね。はい、その選択は間違いではないです。現にそうする人もいますし、逃げちゃって治療に来ない人もいます。1日でも長く生きたい、と考えて辛い抗がん剤治療に挑むのは、どうしても死ねない人→小さいお子さんがいる家族を持つ人などや若くして発症した人10代?20代くらいなどですかね。大変です。あ、でも今は光免疫療法というのがあって、まだ開発段階ですが、癌になったら私はその治療を受けれるならその選択肢一本と決めています。残念ながら昨年の学会で発表されたばかりでいつになるかまだよく分からないし治験の募集もない状況→いつになるんだよ!またアメリカに買われちゃって日本人が開発したのに先越されて10年後とかマジやめてっと祈っています。

Comments

コメントを残す