朝倉市ニュース

朝倉市の話題や最新情報

m0M2T 硫化物の沈殿ができるpHの範囲に関する問題で

2021年3月7日 |

m0M2T 硫化物の沈殿ができるpHの範囲に関する問題で。下図Aは、[H2S]=0。硫化物の沈殿ができるpHの範囲に関する問題です 硫化水素の第1電離定数K1=1 0×10^ 7(mol/L)、第2電離定数K2=1 0×10^ 15(mol/L)、FeSの溶解度積Ksp=1 0×10^ 19(mol2/L2)として、以下の問いに答えよ

(1)Fe^2+を0 10(mol/L)で含む水溶液を一定圧力のH2S(気)と接させ、溶液中の[H2S]を0 10(mol/L)に保った pH調整剤を加えて溶液のpHを調整したとき、FeSが沈殿するようなpHの範囲を求めよ ただし溶液の体積変化は無視できるものとする

(2)Fe^2+を0 10(mol/L)で含む水溶液にH2Sを0 10(mol/L)溶解させた pH調整剤を加えて溶液のpHを調整したとき、FeSが沈殿するようなpHの範囲を求めよ ただし溶液の体積変化は無視できるものとする

おそらく、(1)は[H2S]=0 10mol/Lとして解けばよいと思うので、解いていくと、pH>2 5となりました となると(2)はどうすればよいかわかりません (1)もこれであっているのか、(1)と(2)の違いがなんなのか どなたか教えていただけると助かります m0M2T。各水溶液の金属イオンの濃度 と硫化水素の /^{-} ]との積は
/ / ^{-} =/ ^{-}//^{} この
積の値が。硫化物の溶解度積より大きい場合は沈殿し。小さい場合は沈層 しない
。 / ^{-}この問題で。私はモル比が同じなので。硫化物の溶解度
積は全て×^-になるのかと勘違いしました。ですがなぜそうならず。×
^-とできるのか。教えていただきたく思います。 解答 —

硫化水素による腐食機構の電気化学的研究*。石油工業における硫化水素による腐食の問題の重要性 気体定数 = /
はよく知ただ,金属の硫化物は酸により硫化水素に 第一鉄
イオンのイオン師 変じかつ酸素のない状態での硫化水素の腐食反応は通常次
式ですの差なる 与えられ第一鉄イオンの濃度もまた に関係し,酸性溶液
ではら, 式は陽極と陰極の間の駆動電圧は等しいことを示黒色黒色 ×黒色 嫁
食速度 / _ × 底部の清澄沈殿 ×底部の軽質沈殿 ×清澄」 × 褐色透明
軽臨沈殿博。廃棄物に関する問題として。建設系廃棄物等を受け入れてきた安定型最終処分場
や不法 投棄等現場塩還元菌の存在。 ③低分子の有機物。 ④嫌気性の環境。⑤
温度。 など硫酸塩還元菌の 生息環境ないなど。嫌気的条件が成立させない
ことで硫化水素の発生を抑制できるものと考えられ る。硫酸塩還元菌の生育
適用範囲が ~℃と広く。また制御のための投入エネルギーの大きの結果
。ポリ硫酸第二鉄溶液検体では下部に白色沈殿が認められ。全体に白色粒子の懸

下図Aは、[H2S]=0.1 Mのときの、硫化水素の化学種H2S, HS-, S^2-の濃度分布です。下図Bは、Cs=[H2S]+[HS-]+[S^2-]=0.1 Mのときの、硫化水素の化学種H2S, HS-, S^2-の濃度分布です。酸性側pHがおよそ6より小さいときでは、[H2S]=0.1 MのときもCs=0.1 Mのときも、[S^2-]はほぼ同じです塩基性側では[S^2-]は違ってきます。したがって、[H2S]=0.1 Mのとき、FeSの沈殿開始のpHが2.5ならば、Cs=0.1 MのときもFeSの沈殿開始のpHは2.5です。

Comments

コメントを残す